この日記は主に残飯猫が更新してます。最初は二人で書いてましたが、相棒脱落しました。


by tennnoujyake

<   2005年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

火の車

最近主任から、「お前やる気無いから俺はもう言わない!」
なんていう地獄みたいな事言われたんですね。

確かにやる気無いし最近結果だしてないんですよね~。
結構凹みますねっ。

会社自体に未練は無いんですけど(ボーナス無いし昇給ないし)、ここで辞めても何にも残らないんですよね。
多分次でも同じ事繰り返しちゃうし。

理屈はわかってるんですけどね。だるいんですね。

まれにばっくれたいと思ってしまいます。

朝伊豆踊り子号に飛び乗って、寂れた港町におりたち夜まで海を眺めてて携帯なんざ海の藻屑。

ぶらり立ち寄った小料理屋のママと恋に落ち。。。
なんて事仕事中考えてしまう僕は末期ですかね。

とれないと仕事もほかの人に回す。
仕事が無いからとることもできない。
悪循環ですね~。

とりあえず明日はいきます、休みのために。
ランキングは今何位ですかね?




by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-26 23:54 | 仕事
そんな感じで、だるい体育祭の当日になりました。
こういうときに限って空は晴れ晴れとしてましたね。

リレーは当然とりで、もう一つの種目メデシングボールが二番目の種目でしたね。
参加人数は15人くらいだったと思います。

はしょりますが、早速メデシングボールが始まりましてだらだらとボールを上に回して前まで来たら走ってコーンを回って後ろに付くの繰り返しです。

運動会意外じゃ絶対単独ではやらない種目ですよねこんなん。

不人気種目ですからクラスでも下位の方々(俺も含めて)が多く含まれています。
それでまー僕の番になりましてボールを持って走りました。

足には自信があったもんですから調子に乗ってとばしました。
折り返しの三角コーンのあたりでスピードの出しすぎで思わずこけました。

メキャッ


なんか妙な音がしました。前日の雨で芝生は湿っていたんで滑りやすくなってたんですね。
左足が正座したみたいなカッコになりまして、足首に激痛が走りました。

ってか立ち上がろうとするんですが、尋常では無い痛みで立ち上がることもままならんのです。
それで何度か立ち上がろうとしたんですが起き上がれません。

(無理無理無理たすけてくれっ!!!!)
ようやくクラスメイトさわやかな山田君が、僕のそばに駆け寄って来ました!
「大丈夫か!!」
(山田君(;´Д`)いい人だ)
って思ったのも束の間、山田君は僕には眼もくれずボールだけもって走り去りました!
((゚Д゚;エーッ!)
そのままメデシンは進行して行きます。
僕の横を二三人のクラスメイトが通っって行きましたが、痛すぎて僕は立ち上がれなかったんですね。

見かねた三年生の体育祭実行委員二人に肩を貸され、背が低い僕は宇宙人みたいな体制で外へ連行されて行きました。

d0008097_205447.gif

最初は捻挫だと思っていたんでリレーに出なくて良くなってラッキー位に思いましたよ。
一様念のため、高校の近くの病院に行って見てもらうことになりました。

先生の車で、病院に着きました。
肩を借りて、診察室に入ると同時に開口一番、

あっ、折れてますね~。

Σ(゚Д゚;エーッ!
って軽いな、おい!

言われて見れば、なんか変な方向に足首が曲がってます。
「ここじゃ無理だから大きな病院で手術になるでしょうね~」

捻挫で早く帰れると思ってたのになんか事が大げさになってます。
車で市立病院に着きまして、その日のうちに緊急手術。

なんか足首の骨折してて変な方向向いてるのを直して、ボルト入れるそうです。
16歳の誕生日に一生忘れられない思い出作れました。全治3ヶ月です。

母に明日のジョー全巻買ってきてもらいました。
病室で明日を夢見ましたよ。

これからバイトやら原付やら女の子やら、16才ドリーム計画がパーです。
ハッピーバースデー、おれ!
ひと夏潰れましたから。

明日はどっちだ。。。?
クリックしてもらえると幸せです


by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-25 08:10 | 過去
アレは忘れもしない高校一年生の体育祭です。
日にちも正確に覚えてます、そう6月17日。僕の誕生日です。

高校の一年のころ、体育祭がありました。
クラスの中心のイケメン達にとっては絶好の晴れ舞台。

普段は「ダリィー」なんて言ってるヤンキー君もこのときばかりはヒーローですよ。
普段はやる気無いけど、クラス行事ではいいとこ見せちゃって、そのギャップに女子はメロメロ(死語)ですね、あざといですね。

それでまークラスでの位置中の下で、特別運動神経の無い僕にとってはだるいイベントです。
ただ、必ず二つは競技にでなきゃいけないわけですね。

綱引きや騎馬戦なんつー人気種目は早々とイケメン君達がやることになってて、後は味噌っかすみたいな種目しか残って無いんですね。

それでまー数合わせのために作ったようなメデシングボール(数十人で並んで、上から下からボールを送りあって一番前の人が走って後ろに付く競技です)にエントリーしました。

もう一つの種目は足だけは速かった僕は、毎年のごとくでたくもないリレーに出る羽目になったんですよ。
「残飯そういや意外に足早かったよな!」この心無い一言でリレー決定。

物理科学部所属で、文化部所属では最速でした。意外にって言葉はここからきてます。
でもリレーとか大ッキライでした。

自分の時でぬかれた日にゃ~もう。。。
リレーなんて体育祭のトリ、みんなが注目してますからね。

チキンハートな僕はリレーが始まる前、一日緊張しっぱなしですからね、胃が痛くなりますよ。
ブルマでも肴にウーロン茶でも煽りながらうまい棒でも食らうほうが性にあってます。

そんな感じで種目は決定しました。

もし少しでも面白ければクリックしてくれるとうれしいです^^




後編に続く



by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-23 00:29 | 過去

親父と宗教

うちの親父は宗教をやってます。

世界救○教なんていういかにも新興宗教っぽいのをやってるんです。
家族の中で、じいちゃんとばあちゃんも信仰してます。

聖地が熱海にある時点でうさんくさ満点。d0008097_025648.jpg


母さんは結婚する一週間前に知ったそうです。
幸いな事に、母さんおかげで妹二人と僕は分別のつく年になったら自分で判断させる(強制的に入れられそうだったそうです。)って言ってくれたもので、僕らの信仰の自由は守られました。

今にして思えば母さんも見合い結婚で、結婚した年も今の僕と同じ23なんですね。
若かったんでしょうね。

母が親父と結婚した理由はだそうですからね。

そんな感じで子供の時から休みの日は親父はじいちゃんばあちゃんと聖地熱海に行ってばっかです。普通の親子みたいにキャッチボールとかしてもらった思い出はありません。

どこかへ連れて行ってもらったりもしたこともありません。

小学生の時友達が遊びに来た時とかも家で拝んでいてすごく嫌でした。
僕は中学生っくらいから家で宗教やってるのをネタにしてましたが妹は友達やなんかに言えなかったそうです。

そりゃそうです、イジメのネタにされてもおかしくないですからね。
母親に聞きましたが、宗教には大分金はかけているそうです。

確かに信仰は人それぞれ自由です。
それがその人のプラスになれればとってもいいことだと思います。

ですが、僕は宗教は嫌いです。
宗教をやってる人は、悪いことは試練、いい事は神のおかげ。
とんだプラス思考ですね。

信じる人しか救わない、せこい神様はいらないとかなんとかB,Zが言ってました。
ホントそうだと思います。
信じなくても救ってくれよ。

とりあえず、母さんや兄弟を泣かせる原因だった宗教は嫌いです。

ブログランキングクリックお願いします^^


by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-20 00:05 | 残飯猫日記

ライター

友達からライターもらいました。

なんか凹みました。
d0008097_1284453.jpg









PSランキングかなり上がりました。




by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-18 01:32 | 残飯猫日記

おれには~ゆめが~あ~る♪
風呂入ってる時、小学校のころの夢を思い出しました。

小学校の頃僕はアナウンサーになって稼ぐって、小4の時作文何チャラに書いて先生に、
「アナウンサーじゃ稼げ無いぞ。」
って突っ込まれたの覚えてます。(今の交通費込みで手取り16万のうんこリーマンよか大分まともでしょうが)

なんでアナウンサーってかって言うと、その頃の僕は本読みが得意でまー褒められてたわけですね。小6のときとかマジで放送委員やりましたしね(友達にはめられました)

性格単純ですし、ほかにさしたるなりたいもんなんて無かったもんで、アナウンサーとかほざいたんでしょうね。

小一時のとかはミニ四駆をプロとしてやって行きたいとマジで思ってたから恐ろしい話です。
ミニ四駆のプロって。。。どうやって食ってくんだかいささか疑問です。

そんな職業とか今あれば今すぐに転職します。
ミニ四駆って今あるんですかね~。いささか疑問です。

小6のころ作文に書いたのはお巡りさんです。一見まじめに感じますが。その頃大好きだったこち亀の両津にあこがれてなりたいとでっち上げたんでしょうね。

アレだけメチャメチャやっても首にならないし、仕事やら無くてもいいし、用はサボりたかったんですね。

よくよく考えて僕は影響を受けやすいです。
基本的に夢ってもんがないもんですから無理やり作らなきゃって思ってた気がします。

お巡りさんかアナウンサーにマジでなってたら勝ち組なんですがね。
今の夢は漫喫オーナーです。それか大学生。
d0008097_1203764.jpg

※職業ミニ四駆レーサー、手取り13万交通費至急。各種保険完備。年齢6歳以上。
。経験不問学歴不問、体力のある方、夢のある仕事です。気合で急にミニ四駆を速くできる方。(いけー!とかいうと急に速くなる)

夢のあるブログあります。




by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-16 01:31 | 残飯猫日記

SM 後編

ゆっくりとドアを開けると想像していた感じではなくて、わりと洒落たバーって感じです。
中はマンションの一室だけあってそんなには広くないんです。

正直かなりドキドキです。
T君は小慣れた様子で奥に行きます。お客さんは僕らのほかに三人いました。サラリーマン風の人と、真ん中分けのお兄さんと、坊主でスーツの方がいました。

そんで女王様と思わしき女性の方が3人いました(後で聞いたら一人はお客の女王様でした)
一人がままの人でもう一人の金髪の子がt君の友達でした。

そいでまー二人で椅子に座ったわけですがその椅子ってのがこれなんですよ。

なんか中世ヨーロッパって感じです。なにやら首輪だかなんだかが巻きついてるんです。
ってかめちゃめちゃ緊張してかなり強張ってました。この首輪ってどうみても犬が使うには見えないんですが、トゲトゲですし。。。これをアレにしてナニをされるんじゃ無いかと一人で妄想してしまいました。

そいでまーとりあえずお酒でなにか気を落ち着けようと思いました。メニューに黄金水が無くて安心しました。かわいくカルーアを頼みました。お酒の値段も普通の値段でした。

お店の女王様はふたり両方ともイニシャルがMなんでママさんがM1友達の友達がM2としときます。緊張している僕にM1さんが気さくに話しかけてくれました。

「ノン気の人も来るからそんなに緊張しなくてもいいわよ」
見たいな感じでです。どうやらいきなり鞭で打たれたりするわけじゃなくってもっとアットホームな感じでした。みなさん静かに談笑していてお店の人とお客さんが友達みたいな感じでした。

来ていたお客さんでサラリーマン風の方はポケットにいれていた白いハンカチーフを取り出しました。んんっつ( ゚Д゚)ってかハンカチだと思ったらパンティーでした。

会社でこのパンティーをちらりと胸ポケットから覗かせつつ仕事をするのが面白いのだそうです。

もう一人のお客さんは大人しそうな方で、関西から来ているそうです。M1さんが「この子は恥じらいがあるMだからかわいいのよ」なんてことを言いながら足に柿の種をはさんで、それをお客さんは恥らいながら口で食べていました。

初めて来たのに、皆さん気さくに受け入れてくれていろんな話をしました。M2さんが、「ちょっと首輪と腕輪つけてみなよ」
tくんも面白がって率先してチェーンと首輪と腕輪をつけ始めました。なんかほんとにSMっぽいです。

さっきのサラリーマン風の方が、「どうせなら四つん這いになってみなよ、人生観変わるよ」みたいなこともいわれて僕も酒の勢いで首輪プラス腕輪プラス四つん這いになりました。
犬になった気分です。さらにM2さんに乗られてそこら辺をのろのろと四つん這いです。

馬になったのなんて小学生の運動会以来です。M2さんが酒を作りに僕の背中から移動しました。ってかそのまま立っていいのかわからず、10分くらい四つん這いのままt君と会話してました。

四つん這いでBARで酒飲んだの初めてです(笑)。

そんな感じでアットホームなんだけど、なおかつちょっとした非日常が味わえて楽しかったです。M1さんにM2さんにはいろんな話も聞かせていただいて楽しかったです。(ペニパンの話しやら大事なところへのピアッシングやら。)

あと座ってるときにM2さんが僕を椅子にして座って来た時はドキドキしました。
もし機会があったら是非また来たいです。

ノン気でも楽しめるんで是非行って見てください。
今回お邪魔したのはD403
というお店です。



by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-13 23:50 | 残飯猫日記

SM 前編

GW秋葉原に行った次の日の夜。友人T君に会いました。

渋谷で待ち合わせたのですが、なんかT君何か事件??があったとかで軽く追われてたそうで(なんか怖い人達らしいです)、合流したのは1時過ぎでした。

T君は専門の友達で、一個上なんですが、軽く悪い人なんですが漫画好きと音楽好きで気が合って僕にとってはいい友人です。

そこからタクシーで六本木に行きました。前日の秋葉原とはえらい違いです。
六本木はなんか客引きのルールがが変わったとかで、黒人の人とかキャッチとかが大分減ってました。専門生時代は黒人多すぎて大分怖かったですが。

そんで中華とか漫喫やら行った後、T君が知り合いの女王様が勤めているお店に遊びに行こうってことになりました。

( ゚Д゚)ポカーン、女王様って、かなりの非日常なんですが、結構行って見たい!ってか前日メイド喫茶で次の日女王様って、結構気が狂ってますが。。。

お店は六本木のマンションの一室でシークレットバーとのことです。
シークレットの響きにココロドリました。
ってかマンションの一室ってめちゃめちゃ不安なんですが。。。

僕は青魔導師みたいな仮面被って鞭でなぶられたり、蝋燭たらされたりっていうベタなもんを想像しました。内心心臓バクバクデス。ってかこんなん想像しました
d0008097_1381296.jpg


T君と一緒におそるおそるドアを開けました。後半へ続く




by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-10 01:37 | 残飯猫日記

風邪

連休中風邪ひきました。
明らかに遊び過ぎです。金も使いすぎたし、自動車税4万どうしよう。
親父にまだ車代払ってないしまじどうしよ。

健康の大切さってなんか悪くして時始めて気づきますよね。活蔘っていうドリンク妹に薦められて飲んでます。

一本800円もするなんて高いですがこれで直れば儲けもんです。効いてる気がするって気持ちが大切かも。
ってか明日も休んで11連休にしたい願望がかなり強いんですが。。。

主任には火曜日殺されますね。

明日はヤンマガとスピリッツの発売日だからそれを楽しみに無理やりテンションあげてこっと。。。
10連休もあると働きかた忘れますね。



by残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-09 01:14 | 残飯猫日記

秋葉原 後編

d0008097_1415640.jpg

メイド喫茶はテレビとかで存在そのものは知っていたのですが、いざ実物を見るとニヤニヤとした笑みが思わずこぼれました。

二人は顔を見合わせて無言で頷きました。思いは一つでした。

地下の階段を降りていくと、すでに三人ほど並んでいました。
一番前は女の子の二人組(秋葉っぽくない二人組)で意外な感じでした。
その後ろはいい年こいたおっさんが一人でした。

ドクターマーチン(ロックなブーツ)はいたオシャレ坊主のにーさんが一人で出てきたときはかなり驚きました。

少しするとメイド服を着たお姉さんが出てきて、

「お待ちのご主人様こちらにどうぞ~」

思わずふきだしました。お待ちのご主人様って。。。御主人沢山いすぎだから。、みんな御主人かよ!

10分程して店に入ることができました。中は満席状態で、店員さんはみんなメイド服を着てました。(スゲーみんな着てる!)ちょっと感動しました。

メイドさんが「お帰りなさいませ、ご主人様」
なんか恥ずかしいんですがこれはこれでいいかもしんないです。オタクの方々の気持ちもなんとなくわかります。

メニューの値段はごく普通の喫茶店とおなじでした。もっと高いイメージを持ってたんで少しビックリしました。メニューの上に書いてあるコメントにまた受けました。

厨房の妖精さんが一生懸命作りました。作ってるのはどうやら妖精さんみたいです。是非お目にかかりたいもんです。。。

僕は抹茶何とかで鮭はコーラを頼みました。もう一つ気になるメニューがありました。

萌え萌えオムライスどうやらケチャップで好きな言葉を書いてくれるそうです。
1200円とちょっとお値段は張りますが、どうせならいくっきゃないと思いました。

メイドさんでもかわいい人とそうでない人が両方いまして、どうせならかわいい人に頼みたいのが人情です。僕らはそんななかでジェニーちゃんにロックオンしました。

ほんとマジでメイドとしてウチに雇いたいぐらいかわいいです。
僕らはジェニーちゃんが目の前に来るまでハンターのように待ちました。

素早くかつさり気なくジェニーちゃんに目線を合わせて、勇気を振り絞って注文しました。
「すいません、このも、萌え萌えオムライスください!」ちょっとかみました。
「ごめんなさい、うりきれてしまったんですよ。」
恥ずかしい思いをしただけ損した気分です。。。

しばらくして注文したメニューが来ました。
「お待たせしましたお兄様」

どうやらメイドかつ妹のようです。メニューを持ってきたのはジェニーちゃんでは無かったですが、お兄様とはいかがなもんでしょうか。持ってきた人は年的に、タメ以上なんですが。。。

ドリンク一杯で二時間近く粘りました。500円で楽しい一時を過ごせました。
メイド喫茶、秋葉にできたアウターゾーンです。非日常的な世界に迷い込みました。

とりあえずオタクの人たちの気持ち少しわかりました。
次行くことがあったらジェニーちゃんに絶対オムライスにLOVEと書いてもらいたいです。

秋葉原って楽しいですね。



BY残飯猫
[PR]
by tennnoujyake | 2005-05-06 01:41 | 残飯猫日記