この日記は主に残飯猫が更新してます。最初は二人で書いてましたが、相棒脱落しました。


by tennnoujyake

親父と宗教

うちの親父は宗教をやってます。

世界救○教なんていういかにも新興宗教っぽいのをやってるんです。
家族の中で、じいちゃんとばあちゃんも信仰してます。

聖地が熱海にある時点でうさんくさ満点。d0008097_025648.jpg


母さんは結婚する一週間前に知ったそうです。
幸いな事に、母さんおかげで妹二人と僕は分別のつく年になったら自分で判断させる(強制的に入れられそうだったそうです。)って言ってくれたもので、僕らの信仰の自由は守られました。

今にして思えば母さんも見合い結婚で、結婚した年も今の僕と同じ23なんですね。
若かったんでしょうね。

母が親父と結婚した理由はだそうですからね。

そんな感じで子供の時から休みの日は親父はじいちゃんばあちゃんと聖地熱海に行ってばっかです。普通の親子みたいにキャッチボールとかしてもらった思い出はありません。

どこかへ連れて行ってもらったりもしたこともありません。

小学生の時友達が遊びに来た時とかも家で拝んでいてすごく嫌でした。
僕は中学生っくらいから家で宗教やってるのをネタにしてましたが妹は友達やなんかに言えなかったそうです。

そりゃそうです、イジメのネタにされてもおかしくないですからね。
母親に聞きましたが、宗教には大分金はかけているそうです。

確かに信仰は人それぞれ自由です。
それがその人のプラスになれればとってもいいことだと思います。

ですが、僕は宗教は嫌いです。
宗教をやってる人は、悪いことは試練、いい事は神のおかげ。
とんだプラス思考ですね。

信じる人しか救わない、せこい神様はいらないとかなんとかB,Zが言ってました。
ホントそうだと思います。
信じなくても救ってくれよ。

とりあえず、母さんや兄弟を泣かせる原因だった宗教は嫌いです。

ブログランキングクリックお願いします^^


by残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-20 00:05 | 残飯猫日記

ライター

友達からライターもらいました。

なんか凹みました。
d0008097_1284453.jpg









PSランキングかなり上がりました。




by残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-18 01:32 | 残飯猫日記

おれには~ゆめが~あ~る♪
風呂入ってる時、小学校のころの夢を思い出しました。

小学校の頃僕はアナウンサーになって稼ぐって、小4の時作文何チャラに書いて先生に、
「アナウンサーじゃ稼げ無いぞ。」
って突っ込まれたの覚えてます。(今の交通費込みで手取り16万のうんこリーマンよか大分まともでしょうが)

なんでアナウンサーってかって言うと、その頃の僕は本読みが得意でまー褒められてたわけですね。小6のときとかマジで放送委員やりましたしね(友達にはめられました)

性格単純ですし、ほかにさしたるなりたいもんなんて無かったもんで、アナウンサーとかほざいたんでしょうね。

小一時のとかはミニ四駆をプロとしてやって行きたいとマジで思ってたから恐ろしい話です。
ミニ四駆のプロって。。。どうやって食ってくんだかいささか疑問です。

そんな職業とか今あれば今すぐに転職します。
ミニ四駆って今あるんですかね~。いささか疑問です。

小6のころ作文に書いたのはお巡りさんです。一見まじめに感じますが。その頃大好きだったこち亀の両津にあこがれてなりたいとでっち上げたんでしょうね。

アレだけメチャメチャやっても首にならないし、仕事やら無くてもいいし、用はサボりたかったんですね。

よくよく考えて僕は影響を受けやすいです。
基本的に夢ってもんがないもんですから無理やり作らなきゃって思ってた気がします。

お巡りさんかアナウンサーにマジでなってたら勝ち組なんですがね。
今の夢は漫喫オーナーです。それか大学生。
d0008097_1203764.jpg

※職業ミニ四駆レーサー、手取り13万交通費至急。各種保険完備。年齢6歳以上。
。経験不問学歴不問、体力のある方、夢のある仕事です。気合で急にミニ四駆を速くできる方。(いけー!とかいうと急に速くなる)

夢のあるブログあります。




by残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-16 01:31 | 残飯猫日記

SM 後編

ゆっくりとドアを開けると想像していた感じではなくて、わりと洒落たバーって感じです。
中はマンションの一室だけあってそんなには広くないんです。

正直かなりドキドキです。
T君は小慣れた様子で奥に行きます。お客さんは僕らのほかに三人いました。サラリーマン風の人と、真ん中分けのお兄さんと、坊主でスーツの方がいました。

そんで女王様と思わしき女性の方が3人いました(後で聞いたら一人はお客の女王様でした)
一人がままの人でもう一人の金髪の子がt君の友達でした。

そいでまー二人で椅子に座ったわけですがその椅子ってのがこれなんですよ。

なんか中世ヨーロッパって感じです。なにやら首輪だかなんだかが巻きついてるんです。
ってかめちゃめちゃ緊張してかなり強張ってました。この首輪ってどうみても犬が使うには見えないんですが、トゲトゲですし。。。これをアレにしてナニをされるんじゃ無いかと一人で妄想してしまいました。

そいでまーとりあえずお酒でなにか気を落ち着けようと思いました。メニューに黄金水が無くて安心しました。かわいくカルーアを頼みました。お酒の値段も普通の値段でした。

お店の女王様はふたり両方ともイニシャルがMなんでママさんがM1友達の友達がM2としときます。緊張している僕にM1さんが気さくに話しかけてくれました。

「ノン気の人も来るからそんなに緊張しなくてもいいわよ」
見たいな感じでです。どうやらいきなり鞭で打たれたりするわけじゃなくってもっとアットホームな感じでした。みなさん静かに談笑していてお店の人とお客さんが友達みたいな感じでした。

来ていたお客さんでサラリーマン風の方はポケットにいれていた白いハンカチーフを取り出しました。んんっつ( ゚Д゚)ってかハンカチだと思ったらパンティーでした。

会社でこのパンティーをちらりと胸ポケットから覗かせつつ仕事をするのが面白いのだそうです。

もう一人のお客さんは大人しそうな方で、関西から来ているそうです。M1さんが「この子は恥じらいがあるMだからかわいいのよ」なんてことを言いながら足に柿の種をはさんで、それをお客さんは恥らいながら口で食べていました。

初めて来たのに、皆さん気さくに受け入れてくれていろんな話をしました。M2さんが、「ちょっと首輪と腕輪つけてみなよ」
tくんも面白がって率先してチェーンと首輪と腕輪をつけ始めました。なんかほんとにSMっぽいです。

さっきのサラリーマン風の方が、「どうせなら四つん這いになってみなよ、人生観変わるよ」みたいなこともいわれて僕も酒の勢いで首輪プラス腕輪プラス四つん這いになりました。
犬になった気分です。さらにM2さんに乗られてそこら辺をのろのろと四つん這いです。

馬になったのなんて小学生の運動会以来です。M2さんが酒を作りに僕の背中から移動しました。ってかそのまま立っていいのかわからず、10分くらい四つん這いのままt君と会話してました。

四つん這いでBARで酒飲んだの初めてです(笑)。

そんな感じでアットホームなんだけど、なおかつちょっとした非日常が味わえて楽しかったです。M1さんにM2さんにはいろんな話も聞かせていただいて楽しかったです。(ペニパンの話しやら大事なところへのピアッシングやら。)

あと座ってるときにM2さんが僕を椅子にして座って来た時はドキドキしました。
もし機会があったら是非また来たいです。

ノン気でも楽しめるんで是非行って見てください。
今回お邪魔したのはD403
というお店です。



by残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-13 23:50 | 残飯猫日記

SM 前編

GW秋葉原に行った次の日の夜。友人T君に会いました。

渋谷で待ち合わせたのですが、なんかT君何か事件??があったとかで軽く追われてたそうで(なんか怖い人達らしいです)、合流したのは1時過ぎでした。

T君は専門の友達で、一個上なんですが、軽く悪い人なんですが漫画好きと音楽好きで気が合って僕にとってはいい友人です。

そこからタクシーで六本木に行きました。前日の秋葉原とはえらい違いです。
六本木はなんか客引きのルールがが変わったとかで、黒人の人とかキャッチとかが大分減ってました。専門生時代は黒人多すぎて大分怖かったですが。

そんで中華とか漫喫やら行った後、T君が知り合いの女王様が勤めているお店に遊びに行こうってことになりました。

( ゚Д゚)ポカーン、女王様って、かなりの非日常なんですが、結構行って見たい!ってか前日メイド喫茶で次の日女王様って、結構気が狂ってますが。。。

お店は六本木のマンションの一室でシークレットバーとのことです。
シークレットの響きにココロドリました。
ってかマンションの一室ってめちゃめちゃ不安なんですが。。。

僕は青魔導師みたいな仮面被って鞭でなぶられたり、蝋燭たらされたりっていうベタなもんを想像しました。内心心臓バクバクデス。ってかこんなん想像しました
d0008097_1381296.jpg


T君と一緒におそるおそるドアを開けました。後半へ続く




by残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-10 01:37 | 残飯猫日記

風邪

連休中風邪ひきました。
明らかに遊び過ぎです。金も使いすぎたし、自動車税4万どうしよう。
親父にまだ車代払ってないしまじどうしよ。

健康の大切さってなんか悪くして時始めて気づきますよね。活蔘っていうドリンク妹に薦められて飲んでます。

一本800円もするなんて高いですがこれで直れば儲けもんです。効いてる気がするって気持ちが大切かも。
ってか明日も休んで11連休にしたい願望がかなり強いんですが。。。

主任には火曜日殺されますね。

明日はヤンマガとスピリッツの発売日だからそれを楽しみに無理やりテンションあげてこっと。。。
10連休もあると働きかた忘れますね。



by残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-09 01:14 | 残飯猫日記

秋葉原 後編

d0008097_1415640.jpg

メイド喫茶はテレビとかで存在そのものは知っていたのですが、いざ実物を見るとニヤニヤとした笑みが思わずこぼれました。

二人は顔を見合わせて無言で頷きました。思いは一つでした。

地下の階段を降りていくと、すでに三人ほど並んでいました。
一番前は女の子の二人組(秋葉っぽくない二人組)で意外な感じでした。
その後ろはいい年こいたおっさんが一人でした。

ドクターマーチン(ロックなブーツ)はいたオシャレ坊主のにーさんが一人で出てきたときはかなり驚きました。

少しするとメイド服を着たお姉さんが出てきて、

「お待ちのご主人様こちらにどうぞ~」

思わずふきだしました。お待ちのご主人様って。。。御主人沢山いすぎだから。、みんな御主人かよ!

10分程して店に入ることができました。中は満席状態で、店員さんはみんなメイド服を着てました。(スゲーみんな着てる!)ちょっと感動しました。

メイドさんが「お帰りなさいませ、ご主人様」
なんか恥ずかしいんですがこれはこれでいいかもしんないです。オタクの方々の気持ちもなんとなくわかります。

メニューの値段はごく普通の喫茶店とおなじでした。もっと高いイメージを持ってたんで少しビックリしました。メニューの上に書いてあるコメントにまた受けました。

厨房の妖精さんが一生懸命作りました。作ってるのはどうやら妖精さんみたいです。是非お目にかかりたいもんです。。。

僕は抹茶何とかで鮭はコーラを頼みました。もう一つ気になるメニューがありました。

萌え萌えオムライスどうやらケチャップで好きな言葉を書いてくれるそうです。
1200円とちょっとお値段は張りますが、どうせならいくっきゃないと思いました。

メイドさんでもかわいい人とそうでない人が両方いまして、どうせならかわいい人に頼みたいのが人情です。僕らはそんななかでジェニーちゃんにロックオンしました。

ほんとマジでメイドとしてウチに雇いたいぐらいかわいいです。
僕らはジェニーちゃんが目の前に来るまでハンターのように待ちました。

素早くかつさり気なくジェニーちゃんに目線を合わせて、勇気を振り絞って注文しました。
「すいません、このも、萌え萌えオムライスください!」ちょっとかみました。
「ごめんなさい、うりきれてしまったんですよ。」
恥ずかしい思いをしただけ損した気分です。。。

しばらくして注文したメニューが来ました。
「お待たせしましたお兄様」

どうやらメイドかつ妹のようです。メニューを持ってきたのはジェニーちゃんでは無かったですが、お兄様とはいかがなもんでしょうか。持ってきた人は年的に、タメ以上なんですが。。。

ドリンク一杯で二時間近く粘りました。500円で楽しい一時を過ごせました。
メイド喫茶、秋葉にできたアウターゾーンです。非日常的な世界に迷い込みました。

とりあえずオタクの人たちの気持ち少しわかりました。
次行くことがあったらジェニーちゃんに絶対オムライスにLOVEと書いてもらいたいです。

秋葉原って楽しいですね。



BY残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-06 01:41 | 残飯猫日記

秋葉原 前編

あなたのゴールデンウィークは?
GWを使って東京に遊びに来ています。
五月一日の午後から、鈍行で3時間半かけてきました。

品川に着いてから天皇鮭に電話をすると案の定寝ていました。時間はPM4時を回っていました。

体内時計が狂ってるみたいです。
僕がスキャナーを買いたいので、秋葉原に行くことに決まりました。

秋葉原に先に着いた僕は、駅で人を観察していました。
GWということもあり、ものすごい人の量です。

やたらに三角バックやリュックをしょった人、外人が目に付きましたが意外に普通の人も多かったです。

鮭と合流して、秋葉を散策しました。
さすが日本一の電気街、狂ったように電気屋が軒を並べていました。

わけのわからんジャンク品やら、違法コピーソフトを売る中国人。
正直かなり面白いです。

途中入ったゲーム屋で見た機動戦士ガンガルにはうけました。
d0008097_362578.jpg

モビルフォースって書いてあるし、アムロはアムルでした。
確実に受け狙いです。

あと昔やったファミコンのソフトが高値でとりひきされてましたね。とっときゃ良かった。

エロゲーのコーナーはマジで空気が湿ってました。レザーのキャップやら、霜降りジーパン(ケミカルウォッシュ)な定番な秋葉姿の人達はここにいました。

数時間ほどして、さすがに歩くの疲れてきました。
どっかで休もうかって事になってうろうろしてました。
ちょうど僕らの目に入ってきたのが、メイド喫茶JAMでした。


後編へ続く



BY残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-05-02 11:32 | 残飯猫日記

夢幻のごとく 

昨日夢を見ました。
是非夢判断とかして僕の内面とか知りたいです。

僕は家の近くの堤防のあぜ道をオート三輪で爆走していました。120kはでてました。

乗っていたのはなぜかガクランで中学生の僕です。

ハンドルはビデオのリモコンのくるくるダイヤルを回してました。

荷台にチャリのタイヤのチューブが大量にとぐろ巻いてました。

石につまずいて川へと一直線。

そこでがくっと落ちる感じで目を覚ました。

だれか夢判断できる方いましたらお願いします。
d0008097_23245428.jpg



by残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-04-26 23:24 | 残飯猫日記
あれはちょうど十五歳の時です。このころのぼくはまさに精子製造工場。
毎晩のようにクラスメート(好きな子ではしない)をおかずに摩擦活動をしていました。

もっぱら同じ放送委員の女の子やら隣の席の子やら微妙にかわいい子(美人過ぎるとNG)なんかをネタにしてました。
僕はあのころムッツリスケベで、エロ話とかを友達に話したりするのすら恥ずかしいシャイBOY。
好きな子の事も内緒にしちゃうような純情童貞でした。

そんなわけでベタな中学生みたいにエロビデオの貸し借りやら、エロ本の貸し借りなんかはせず、自分のイマジネーションが全てだったわけです。

ある蒸し暑い夏の日、家族に見つからないようにこっそりトゥナイト2を見ていました。
あのころの深夜番組は今より大分過激だった気がします。

ちょうど風俗特集をやってて、中学生の僕は目をぎらぎらして見ていました。
なんか無性に裸がみたくなりました。

てか一度思ったらどうにも止まりません、なにせ15歳ですから。。。
いつものイマジネーションだけではどうにも収まりが聞かなくなりました。

時間は深夜一時、明日も夏休み、行くっきゃない!
どこへ?コンビニで買えるほどの根性が僕にはありませんっ、ってかそんなんできたら苦労しません。答えは一つ自販機です。

前に釣りに行くときに確かにエロ本の自販機があった気がします。家からだと4,5キロ、昔釣りに行く途中に確かに見ました。
今チャリで4,5キロなんていったら拷問にしか聞こえませんが、エロ中学生には造作も無い距離です。

スーパーの袋を一つ持って速攻家を出ました。
いろんな意味でハァハァいいつつペダルをこぎます。

夜中に袋もって股間にテント張って変質者丸出しです。職質されなくてまじでよかったです。
中野浩一バリに走って20分で着きました。

自販機は確かにありました。ただ妙に明るいんですよ。

コ、コンビニできてる。。。

自販機のわずか五十メートル先にコンビニができててメチャメチャ人いてシャイな僕にはとても買えません。。。

十五分ほどうろうろしてても一向に人は減りません。だんだんやっきになってきました。
ふと焼津の高校にこないだ、学校見学に行ったのを思い出しました。

途中に小屋があってなかにエロ本の自販機がたくさあったのを思い出しました。
ここからだと10キロはあります。一瞬悩んだ後コンビニでウイダーインゼリー買って走り出しました。

時間はもうすぐ二時です。さすがに僕も眠気が襲ってきました。
途中何度か道に迷いつつもたどり着きました自販機。
時間は3時半を回ってました。

自販機はなんとも言えない禍々しきオーラを放っています。ロープレのボスキャラを前にしている時の気持ちに似ていました。頭の中の音楽はFF5の最後の敵の曲がぐるぐるしてたの覚えています。
d0008097_1037516.jpg


周りに人がいないときを見計らってすばやく入りました。なんていうか恋とは違うドキドキで一杯でした。早く買わなきゃって言う焦る気持ちが一杯でまともに選んでる余裕は無かったです。

家から持ってきたなけなしの千円札がくしゃくしゃで、なかなか入らなくて焦りました。
ようやく手でしわを伸ばして入ったら、( ゚Д゚)ポカーンd0008097_0153770.jpgカーン
た、たけ~。。。
どれも二千円やら、三千円やら何でこんなに高いんだ。。。
唯一ボタンが光った980円のボタンを押しました。

選択の余地は無しです。急いで持ってきたスーパーの袋に入れて。
エロ本をチャリのかごに入れて走り出しました。
時間は三時半過ぎ。ですが僕のテンションはあがりっぱなしです。

既に股間はエレクトしてましてはちきれんばかりで、チャリがたまらなくこぎにくかったです。
途中の街燈で何度か開けたい衝動に駆られましたが、なんとか我慢して4時過ぎに家に着きました。

夏なので空が既に白み始めていました。家は閉められていたので物置まで一直線です。
わくわくして中身を見てみると、なんかみんな30過ぎなんです。ぴちぴちではなく熟れ熟れです。。。

表紙を見ると塾女投稿ものなんです。一瞬ためらいましたがもう止められるような状態ではなかったです。
芳子37際でフィニッシュを迎えた僕はいい知れぬ罪悪感を感じました。

そのエロ本は捨てるに捨てられず、かといってもう見る気にはなれず。その後一年後の廃品回収でマガジンにまぎれて処分するまで、離れの押入れに入ってました。



BY残飯猫
[PR]
# by tennnoujyake | 2005-04-23 11:33 | 過去